スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮岸高校生徒会 

事の発端はそう・・・
ただ生徒会の話を書きたくなっただけ・・・
またも行き当たりばったりだ・・・

 宮岸高校生徒会(みやぎしこうこうせいとかい)

 冬の寒さが少し残る4月の初め、俺立川雅之(たちかわまさゆき)は、高校の正門を抜けた。
 ここを通るのは、受験の日以来2度目・・・。
 前回きた時は、木々たちは葉をすべて散らし、さみしーくお出迎えしてくれたわけだが・・・。
 しかし今回はどうだ、木々たちはピンクの衣をまとって、まるで俺を祝福しているかのようだ・・・。
 誰もが心躍る入学式。
 俺はやっとの思いで受験戦争を生き抜き、そしてこの地に降り立ったわけだ。
 まぁ・・・滑り止めで偶然受かった私立宮岸高校なんだけれど・・・。
 新しい学び舎、新しい友達、新しい先生、そしてできれば新しい恋人と・・・。
 不安と期待が入り混じり、入学式の会場である体育館はギクシャクした新入生たちで埋まっていた。
 新入生を歓迎する校長のながったるい話も、初めて耳にしたテープ録音の校歌も、正直何一つ覚えていない。
 ただひとつ、かつてない衝撃を受けたことしか、俺は覚えていなかったのだから・・・。

 「新入生の皆さん、ようこそ!我が宮岸高校へ!!」
 その一声が俺を引き込んだ。
 その時から俺の目はただ一点彼女に注がれていた。
 その凛々しく優雅な振る舞い、美しく澄んだ声、しかしその言葉一つ一つに大きな力があり、先ほどの校長の挨拶など下を向いて聞こうとしなかった生徒ですら、今は一点を見つめその話に聞き入っている。
 そうその存在感がとんでもないのだ。
 カリスマ性とでも言おうか・・・。
 「・・・学校生活は皆さん一人一人が主役です。その努力しだいで楽しくもなり辛くもなる。私たちも皆さんの学校生活が楽しくなるようにサポートしていきたいと思います。これから3年間を努力して、楽しく、そしてすばらしい学校生活にしてください。皆さんが充実した学校生活を送ることが、私たち、皆さんの先輩に当たるすべての生徒たちの願いです。その先輩たちを代表し、これを挨拶とさせてもらいます。生徒会長、旭川菜奈(あさひかわなな)。」
 挨拶が終わっても、俺はステージを降りてくる女性から目を離すことができなかった・・・。
 このとき俺は自分自身で理解した。
 これが・・・生まれてはじめての一目惚れだったということを・・・。


 時はいろいろ吹っ飛ばして5月。
 桜の花びらも散り、木々は新しい緑の衣を輝かせ、さわやかな風は俺たちが背負ってきた期待と不安を吹き飛ばし、新しく潤いを与えてくれる。
 新入生たちも、ようやく新しい学校生活に慣れ始めたって感じだ。
 まぁ俺はというと、新しい友達もでき、新しい教室にも慣れ、担任にもそこそこ気に入られ、いたって平凡かつ安全なハイスクールライフを満喫していたわけだ。
 案の定新しい恋人にはめぐり合ってはいないのだが・・・。
 それは仕方ないことだと思っている・・・。
 何より俺の思い人はどう考えたって高嶺の花だ。
 そんな俺の思い人である生徒会長は、やはり想像通り・・・いやそれ以上のパーフェクト超人であった。
 まず容姿端麗、生徒会長を昇降口で見かけた俺は、その麗しき姿に心をとらわれ、口をあんぐり開けたまま、その姿が見えなくなるまで見続けていたこともあった。
 そして成績優秀、成績は学年1位2位をキープ、しかもまだ2年生であるにもかかわらず生徒会長だという実績。
 まぁ生徒会は全員2年生で構成されているらしいが・・・。
 さらには人望もある、歩けばすべての生徒が振り向き、挨拶するほどである。
 俺もどさくさにまぎれて挨拶したことがある。
 そのとき返してくれた笑顔といったらもう・・・ああたまらん!!!
 とまぁ・・・まさにパーフェクトといえよう・・・。
 毎日ラブレターをもらってるとか何とかなんとか・・・。
 しかし彼氏はいないという噂もちらほら・・・。
 それでも交際を断られた男は星の数とか何とか・・・。
 もしかしたらレズ?なんていうよからぬ噂も立っていて、レズ賛成派と反対派の対立が今も耐えないらしい。
 とにかく俺はそんな話は断固反対だ。
 まったく!!平凡な一生徒が、あの麗しい生徒会長に思いを寄せる機会すらつぶそうというのか賛成派!!
 うっ・・・まぁそれもまたそれで・・・。(もんのすごい妄想)
 まぁとにかくだ、生徒会長はすごい人なんだ。

 まぁそのすごい人生徒会長が、すべての交際を断る理由は副会長にあるといわれている。
 この人も、俺からいわせればにくったらしいほどパーフェクト男子だ。
 名前はたしか・・・神堂弥一(しんどうやいち)。
 知的にめがねを上げ「おはようございます皆さん」などと笑顔で挨拶するそのさま。
 キャーなどと黄色い声が上がるがそれはあえて無視。
 身長も180と高く、足も長い長い。
 顔?もちろん美形ってやつだ・・・。
 なるべく隣には立ちたくない・・・。
 成績は生徒会長と1位2位を争い、会長を隣に歩く姿はそれはもう・・・くだらない噂が立ちこめるほどである。
 「会長は彼女ではありません、確かに僕の憧れの人ではありますけどね。」
 などと女子生徒達に話していたのを聞いた気がするが・・・どこまで本当かは分からない。
 まぁ男の俺からすれば、なるべくかかわりたくない男というのが本音である。
 
 ほかに書記会計がいるらしいが、あまりはなしは聞かないな・・・。
 どちらにしてもこれだけはいえよう、我が宮岸高校は生徒会会長旭川菜奈と、副会長神堂弥一を中心として回っていることは間違いないと。
 そいでもって俺には、正直そんな完璧生徒会は無縁の生活を送ると思われていたわけだが・・・。
 その衝撃的な出来事は、ある日突然起こったのである。

 よく俺に馬鹿話を吹っかけてくる2人、背が低くなんとなくまじめでおとなしそうなイメージがあるほうが畑野歩(はたのあゆむ)。
 んでもって、背が俺よりもちょびっとだけ高く、なんとなく目つきと性格が悪そうなほうが鮎川真一(あゆかわしんいち)である。
 まぁ今日もくだらん馬鹿話を、放課後にしていたわけだが・・・。
 「おい!雅之、もう入る部活は決めたのか?新しい出会いが俺たちを待ってるかもしれんぞ?と・く・にバスケ部はいいかも知れん!人数が少ないから男女混合で練習することもあるらしいしな。」
 と真一。
 「またまた、部活はそんな出会いとかより、自分のやりたいことを選んだほうがいいよ?」
 と歩。
 「はいはい、どっちにしても俺は部活は入る気はないよ、疲れそうだしな・・・。」
 と、俺はべたりと机に伏して言ったわけだ。
 「ああん?お前はいいのか!?このすばらしき出会いのチャンスを・・・そんなむざむざ捨てようなどと・・・愚かな!!」
 「雅之!部活はしたほうがいいよ?絶対学校生活が楽しくなるって!なんなら文化部でも・・・何かしら部活は入ってた方がいいと思うよ?」
 そんなお前ら2人は部活決めたのかと・・・問いたい問いたい、問いただしたい・・・!!
 しかしそんな些細な言葉すら出す気が出ないほどに、今の俺はやる気がまーったくない!
 これを五月病というのだろうか・・・。
 とにかく平和すぎるんだよ・・・退屈っちゃ退屈だ・・・うーん・・・部活ねぇ・・・。
 自慢じゃないが運動はできるほうであり、中学校の地区陸上大会ではいいところまでいった俺ではある。
 かといって、けっして陸上がやりたかったわけでもなく・・・、先生にどうしても出てくれ、っと泣き付かれいやいや出ただけであってだな・・・。
 そもそもスポーツは、たいっして好きではないんだ・・・俺は・・・。
 「じゃぁなにがやりたいっていうんだ?お前は。」
 真一はやれやれという顔でこちらに問う。
 やりたいことはない!・・・じゃダメなのか・・・?ダメなのだな・・・たぶん・・・。
 ならこの際・・・、
 「生徒会・・・とか・・・?」
 などと冗談交じりで言ってやった。
 まぁ実を言うと、まるっきし冗談というわけでもなく・・・、あの生徒会長とともに仕事が出来るとあらば、これ以上俺のやりたいことなどないであろう、いやあるわけない!
 まぁそんな俺の冗談に、予想通り2人ははぁ!?と返してくるわけだが・・・。
 真一にあほか!といわれる前に、それはやってきた!
 『ピンポンパンポーン。1年B組、立川雅之君、1年B組、立川雅之君、至急生徒会室に来てください。繰り返します。1年B組、立川雅之君、1年B組、立川雅之君、至急生徒会室に来てください。ピンポンパンポーン。』
 と女性の声での放送。
 それを聞いたときは、さすがに3人ではぁ?と声を上げたね。
 「お・・・お前何やったんだ!!!」
 「何をしたの雅之!!!」
 その叫びはもっともだ!!
 俺が聞きてぇ・・・。
 なんだ・・・?まさか生徒会長が俺に気があるとかというオチじゃあるまいな、いやいやそんなまさか・・・平凡な俺に、そんなチャンスがまわってくるわけなどない。
 そもそもそれなら放送などを使って呼び出すものか。
 俺の頭はもはや、いろいろな妄想で敷き詰められていたわけだが、至急といわれたからにはすぐにでも行かねばなるまい!
 「わりぃ!なんだか分からんがいってくるわ!」
 と残して俺は教室を出たわけだ。
 そのときの2人のぽかーんとした顔、当分忘れられそうにないな・・・。
 
 
 んで生徒会室!
 扉は校長室と同じ、ちょっと立派な扉になっているようで中は見えない
 はて・・・、この先にはどんな空間が広がっていることか・・・。
 俺みたいな一生徒にとっては、それはもう未知な領域なわけでだな・・・。
 あー緊張する。
 とりあえずまずはノックを・・・。
 コンコン。
 「入って。」
 その声を聞き間違えるものか、まさしく生徒会長のものだ。
 うぁ・・・、まさかこんな形で会うことになるとはー!!!
 いったいどういうことなんだー!!
 っと・・・、がちゃり。
 ドアを開けると、通常教室よりやや横幅が狭く、細長い作りの一室。
 そこには、会議室用の長テーブルが並べられ、一番奥にやや立派な机がひとつ。
 その中におられたお人は3人。
 まず1番手前の長テーブルに腰をかけ、なにやらノートに記入してる女性が一人。
 まったくこちらを見ようとせず、ただ必死に何かを記入している。
 それから、奥の立派な机の手前に置かれた長テーブルに、足を組み座る男が一人。
 ああ・・・こいつは・・・神堂弥一その人だ・・・。
 不気味な笑顔でこちらを見ている・・・、厄日だ・・・。
 そして、そのりーっぱな机に座っておられる方こそが、我が宮岸高校のトップにしてアイドル!麗しき旭川菜奈会長。
 椅子ではなく机に座ってるそのお方は・・・なんだか・・・うーん・・・なんというかスカートから見える太ももが、強調されてるがごとく・・・なんか目のやり場に困るー・・・と視線を上に上げていくと、目が合う。
 「弥一!この子よ!」
 そう言って机からバッ降りる、そのさまも優雅
 だからなびくスカートに妙にドキドキさせられるっつうの!!
 そして腕を組み仁王立ち。
 その姿は、優雅さというより勇ましさにあふれていた。
 「私が選びに選び抜いた・・・新しいおもちゃ!!!」
 どーん!!と効果音が聞こえるかのごとくビシッ!!と指を指された。
 今なんとおっしゃいまして・・・?
 「はい・・・?」
 俺はただただ、そんな間抜けな声を上げることしかできなかった・・・。
 
 
 たぶん続く・・・
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。